イベントレポート

2018年11月定例会レポート

2018.12.11  

2018.11.14(wed)@CANOVIANO福岡にてFUKUCON11月定例会が開催されました!

 

☆プレゼン☆
今月も、個性派な4名が登場しましたよ〜!!

 

①DJ NARIkin:中学生がありのままの自分でいられるイベントを作りたい!


トップバッターは、全身金色の熱意、衣装共に輝くオーラを放ったNARIkinさん。
 

■ブレストテーマ

「中高生が、ありのままの自分に戻れるアイディアをお願いします!」

自身のいじめにあった経験から、学校やプライベートでのトラブルに悩む今の中高生のために、別のコミュニティを用意することが救いの一つになるのではと考えたNARIkinさん。福岡に散らばる面白い大人たちと一緒に、そんなコミュニティイベントを作りたいんだそう。


ブレストで決まったアイディアは…?

「使わない制服や教科書をビリビリに!DJイベントも一緒に開催!」
「NARIkin相談室を開設!」

でした!

中高生も盛り上がれるような爆発したイベントが完成しました!
他のコミュニティとはまた違った刺激的な日々を過ごせそうですね♪

 

②近藤 悟:消費だけではない映画の楽しみ方


続いては、FUKUKONのスタッフとしても支えているDOさんこと、近藤さん。
 

■ブレストテーマ
「映画「電気海月のインシデント」を使った新しいイベントを考えたい!」

現在ハッカー映画のプロデューサーとして活躍しているそうですが、携わり始めて、世の中の「映画に対するイメージ」を壊したいと思い始めたそう。ただ何気なく話題の映画を観るだけではなく、映画自体と関われる機会があれば、より深く映画を楽しめるのに。と近藤さん。

ブレストで決まったアイディアは…?

「スマホのAirDrop機能を使って、映画の予告ムービーを共有しまくる!一番受け取った人優勝!」

でした!

ハッカー映画にちなんだ、I phone機能を最大限に使う画期的なアイディアが生まれました!
参加する方も楽しそうですね^^

 

③片岡 美智明:着火戦隊チャッカマン


お次は前々日にプレゼンターだったグリーンが逃亡するという大事件が起こってしまったブルー片岡さん。
 

■ブレストテーマ
「何に着火すればいいか?」

あくる就寝直前、急に電話で何件も呼び出しが入り急行したブルー片岡さんに待っていたのは、チャッカマンのメンバー結成宴会でした。燃えることができず、燻っている人に、福岡に着火しようというコンセプトのもと、着火戦隊チャッカマンは設立、立ち上がったのです。

ブレストで決まったアイディアは…?

「炎上フェス開幕。NO1決定戦」

でした!

燃えるものは何でもOK!チャッカマンは止まりません。むしろ勢いを付けて、今後も着火し続けるでしょう!

 

④曽根 麻由:福岡を最強の島にする


最後は、今の社会を学ぶ現代社会学部の大学生、ソネマユこと曽根さん!
 

■ブレストテーマ

「みなさんが感じる「九州」の課題とは何なのか」

九州の公務員を中心により良い街を目指す会、「よんなな会」。その設立者、官僚の脇さんのお話を聞いた曽根さんはとても感動し、公務員以外の人たちも、その派生イベントでもっと福岡、九州全体を盛り上げていけないだろうかと試行錯誤中のようです。

ブレストで決まったアイディアは…?

「よんなな会九州7輪ピック!(ついでに、海海月のインシデントの映画会も作る)」

でした!

九州NO1を決める、熱い展開になりそうなアイディアが出ました!それぞれどんなジャンルを作るのかも悩みますね!

 

☆まとめ☆

ここから、プレゼンターとまとめ職人の両方担当になってしまった(笑)近藤職人より、それぞれの参加者を募ります!

①運営部、もしくは参加してくれる方(教科書、制服持ち込んでくれる方)
②告知の悪戯に付き合ってくれる方
③チャッカマンの企画から関わってくれる方
④11/27の脇さんを囲む会にまずは参加する方

今月も福岡を盛り上げる素敵なプロジェクトがまた走り出しました!

 

☆本会の写真ちょこっと☆


今月も沢山の方にご参加いただき、メイン(笑)と言われる親睦会も盛り上がりました!

プレゼンター、運営希望などもまだまだ募集中です♪
詳しくはお問い合わせへどうぞ♪

皆さまご来場ありがとうございました!
またお待ちしております^^